忍者ブログ
最近ではインターネットなどを利用した引越し業者の見積もり取得サービスなどが人気になっています。しかし、すべて業者にお任せでは思わぬ落とし穴にハマるかも知れません。しっかりと引越しの知識を身に着けておきましょう。
カテゴリー
* 未選択(0) * 生活(10)
  プロフィール
HN:
荷造り太郎
性別:
非公開
  カテゴリー
  P R
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
2017/09/23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/04/27 (Wed)

引越しをするとなると、荷造りなどの準備も大変ですし、事前に業者から見積もりをもらったりと、いろいろと手間がかかりますね。

そして、引越しそのものが問題なく無事に済めばよいですが、中にはさまざまなトラブルになるケースもあります。

引越しのトラブルで多いのは、契約に関するキャンセル料などのトラブルや、引越しの際の荷物の紛失、家具など傷をつけられてしまうといったことです。

特に、家具や家の壁に傷をつけられてしまうというケースは多いようです。

熟練したスタッフがそういったことが起きないように緩衝材を用いて梱包したり、丁寧に適切な手順で作業を行ったとしても、やはり不測の事態は起こってしまうものです。

実際に家具に傷をつけられてしまった時はどのように対処したらいいのでしょうか?

まずは傷を付けられてしまった部分を出来るだけ早く確認し、その旨を引越し業者に伝えましょう。

引越し業者によってその対応方法がそれぞれ定められていますので、業者を選択する際は、補償に関して必ず事前に確認しておきましょう。

補償は多くの場合は基本的に修理という形になります。

しかしその家具が修理不可能である場合は代替品、あるいは金銭によって補償というケースもあります。

また、自分では気づいていなかった傷がもともとついていた、という場合もあるかもしれません。

傷は業者のミスなのか元からだったのかで言い争っても、水掛け論になりかねません。

自衛策として、高価な家具などは出前に業者といっしょに傷の確認をして、カメラなどで撮影をしておくといいでしょう。

また、見積もり金額と実際の支払い金額の相違もトラブルになりやすいといえます。

もらった見積でどこまで含まれているのか、オプションや追加は発生しないのかなど、事前にしっかりと確認しておくといいでしょう。

 

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *