忍者ブログ
最近ではインターネットなどを利用した引越し業者の見積もり取得サービスなどが人気になっています。しかし、すべて業者にお任せでは思わぬ落とし穴にハマるかも知れません。しっかりと引越しの知識を身に着けておきましょう。
カテゴリー
* 未選択(0) * 生活(10)
  プロフィール
HN:
荷造り太郎
性別:
非公開
  カテゴリー
  P R
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
2017/09/23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/04/30 (Sat)

ピアノは普通の引越し業者に頼むよりも、ピアノ専門の業者に頼む方が良いでしょう。

ピアノは湿度や温度などの影響をうけやすいデリケートな楽器ということもあり、一般の引越し業者に頼むと目には見えない部分で劣化してしまう可能性があります。

ピアノの専門業者の場合であれば、扱いに慣れたプロがきちんと運んでくれるので安心です。

また専門業者の場合は一時的に保管もしてくれるので、実際に引っ越す数日前に預けて、新居に引っ越した後には運んでもらうことも可能です。

仏壇は他の家具とは異なりご先祖様を奉るものになるので、ただ単に梱包して運び出すというのはちょっと罰当たりな感じで気が引けるものです。

引っ越しの際には、しっかりとお坊さんにお願いをして、お経をあげてもらうことをおすすめします。

宗教や宗派にもよって異なるので確認が必要ですが、大まかな流れとしては、先祖様の魂を仏壇から抜く抜魂、新居へ仏壇を移動したあとに、ご先祖様の魂を入れる入魂を行うことが一般的です。

お布施の相場としてはだいたい10,000円~30,000円くらいが一般的です。

仏壇の場合、このような儀式が存在しますが、運ぶことそのモノに関しては、他の家具のように普通に引越し業者に頼むことが出来ます。

仏壇の場合、家具というよりも美術品として見積もりに計上することが多いので、追加料金を10,000円~20,000円程度とられることがあります。

その代わり、美術品並みに丁寧に運搬してくれるということになりますね。

見積もりを作成してもらう際には、仏壇を運びたい旨を伝えて大きさや形状なども事前にしっかりと伝えるようにしましょう。

ピアノも仏壇もとても高価なものになりますので、トラブルなく引越しを終えるように注意したいところです。

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *